金融機関から融資を受けやすくする方法

今回は金融機関から融資を受けやすくする方法です。
普通は、お金ないときや赤字で苦しい時にお金を借りたいですよね。しかし、そういった厳しい時にお金を借りるのは間違いです。貸す側からしたら、経営が苦しい会社にお金を貸したくありません。『晴れた日に傘を貸す 』と揶揄されますが、お金を貸す側は、儲かっていてお金を借りる必要の無いところに貸したいのです。また、自分からお金借りたいと言ってくる新規顧客にもお金を貸したくありません。

ではどうするか

ではどうするか。単純な解決策は儲かっている時に他人の紹介で借りるのです。税理士でも知り合いの儲かっている社長でも構いません。確かに必要のない資金を借りることになってしまうのですが、こういった時は金利の交渉もしやすいので有利です。危なくなってから借りるのではなく、危なくなる前に借りる。これが交渉の進め方です。
ちなみにあまり変な節税で役員貸付金がある状態も融資の観点では望ましくありませんのでご注意ください。そういった節税をする場合は十分お金を借りてから、あまり問題にならない範囲で行うのが正しいです。

コメントを残す

%%footer%%