ビジネスは英語圏の方が圧倒的に稼げる

最近はITツールの比較やプログラミングの勉強やビジネス記事やアカデミックより媒体から情報を集める機会が多く、英語を使うことが多いです。

それで思ったのですが、圧倒的に英語圏の方がビジネスしやすいですね。

理由は多岐に渡りますが、最も大きいのが、ビジネスがスケールしやすいということです。これは単純に顧客が世界中にいると言うこともそうですが、それは時間をかければローカライズできるので実質的な問題ではありません。むしろ、最新の研究や実務家のフォーラムから最先端技術を仕入れ、かつ、ビジネスを構築するまでの人材が集めやすいというのが原因です。結局こういった場の共通言語は英語であり、普段からキャッチアップしている人材は当然英語を使えるので、英語を使ってビジネスを始めます。しかも、第二言語として英語を使っている人も含めれば世界中に必要なスキルを持った人がいて、アウトソースすることも可能です。そうすると、早期にビジネスを構築でき、市場シェアをとることができます。つまり、スケールする条件がそろっています。そして、スケールする条件があれば、投資家から資金も集めやすいので、さらにビジネスがスケールしやすいということになります。

こういったビジネスの中に入ったり、又はアウトソースされる側の営業・エンジニア・士業・コンサル・その他ガチンコ系の仕事は全て英語圏の方が報酬いいのではないでしょうか。

多分日本で割がいいのは、公的機関とインフラ系ぐらいですかね。この辺でも待遇は同じくらいか、ちょっと低いくらいだと思いますが。

私も別に日本は好きですが、客観的に見て、自分の努力が及ばないところで状況が不利だと思うので、若い人は英語身につけた方がいいです。別にどこで生まれたかで自分の人生決める必要なんてないんだから。

公認会計士・税理士 上原英知

コメントを残す

%%footer%%