グーグルクラウドの初級試験対策講座を修了しました。

CouseraのPreparing for the Google Cloud Associate Cloud Engineer Examのオンライン講義を終了しました。

動画を見て、1時間くらいのテストを何度か受ければ修了できます。これだけではあまり理解した感じにはなりませんでしたが、講義で出てきた言葉を調べるだけでシステムに関する色々な知識を得ることができます。

グーグルクラウドは世界中どこにいてもデータ管理・エラーなどのモニタリング・システム開発・システム開発の環境の整備ができるサービスです。データは常に暗号化して保管され、google側で管理するためセキュリティは非常に強固であり、大量のデータ処理も行えます。また、最新のAIツールも非常に安価に使えます。実際に世界的な企業やgoogle自身も同様のツールを使って事業を行っています。

昨今AIなど技術革新が自分の仕事を脅かすという話はいろいろな業界で言われますが、むしろ私は技術革新で世の中を前に進める方が重要だと思っていますので積極的にかかわっていく方針です。

※個人的にはそもそも現状のAIは基本的に統計技術でありできることは限られるので、特に調べずになんでもかんでもAIとかいう世間の風潮には、自分で考えずに発言している人が多いという意味でいくらか不安を覚えます。

経理・労務・法務、これらに加え補助金助成金や融資や許認可等も勉強しないといけないので、なかなか大変ですが、もともと私は失われた10年20年という不景気の中で育ち、社会経済をよくするために公認会計士になりました。IT技術に習熟すれば事業を行う上で必要な環境はほぼフルセットで揃います。短い人生ですが地道に極めて行こうと思います。

今後もITについて記事を書きますが、習熟度の点で正確な表現が使われない場合がございます。ご容赦ください。

参考:Cousera、MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020、Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド Kindle版

公認会計士・税理士 上原英知

コメントを残す

%%footer%%